2017年12月08日

今日のダメぢゃん:ロカボ

…いや、マジで、今日の午前中まで、これ、
「ボカロ」のタイプミスだと思ってたわ(´・ω・`)。
薬の副作用で結構太っちゃった私なんか、目下、
一番気にしなきゃいけない事項のことなのね。
我ながら、勘違いの酷さに、びっくりした。

…いろいろな意味で、社会復帰が遠そう(--;。

posted by やざわ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月07日

今日の何をいまさら:
KATOユニトラックのダイヤモンドクロッシング

まぁ、依然として左腕の回復は思わしくないものの、
この寒さでも再度悪化しないから、それはそれで良いことかな、
と思っていたら、今冬は右肩に痛みが来ました(泣)。
かくして、痛み止めと弛緩剤、投与再開(--;。どーしたもんか。

さて、無期延期しました1/80のストラクチャー造りに代わり、
閃いたことの正式公開までのしばらくの間のリハビリとしまして、
「憧憬その1」中にも出てきました約20年前のレイアウト
(とは言うものの、学生時代の作のモジュールも組み込んでいたので、
すべてが20年前の作ではなく、30年弱経つ部分もあったりする)、
あれの残存部分のお手入れと、当時の作り込みの悪いところの
リニューアルなんぞやろうかと思っておりまして。

んで、その中で、私鉄風の高架駅を作った部分の左側1/3くらい、
当時の部屋の大きさに合わせて曲線を入れた部分を
直線に作り直したらどうなるだろう、と考えました。
KATOユニトラックの島式ホーム使用時の線路間隔:66mm、
そこからカーブを曲がりながら間隔を33mmに詰めまして、
既製品の4番ポイントとかシーサスにつなげておりました。
さて、これを66mmのままにしてシーサスを構成しようとしますと…
必要な交差角30度のダイヤモンドクロッシングが、ユニトラックにない。
そのままぢゃ、できないぢゃん(--;。
と言って、反向曲線で33mmに絞ってから既製品、というのも、
全長は長くなるわ、不自然だわで、それもないと思うし。
他社のレールとつないでどうにかしようにも、篠原のは入手困難だし、
そもそも30年くらい前に三枝分岐器を繋いでみたことがあるが、
レール断面の差をうまく擦り付けられずイマイチだったような気が。
PECOは代理店が代わってから入手性はすごく良くなったが、
あれ、交差角25度なのね。なんだかなぁ。

結局、使えるのはTomixのX72.5-30しかないのかなぁ。
でも、道床付き線路同士の接続、面倒なんだよなぁ。
特に、Tomix側がファイントラックになってから(--;。

かように、あまりに悩ましいので、高架駅の始末は後回しにして(^^;、
件の、経年30年モジュールから手を打とうかとも思ったり。
さて、どーなりますか。今度は、たぶん、ちゃんと続く。

posted by やざわ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2017年11月18日

2017年クリスマスのお知らせ

左手の回復が思ったほどでないし、しばらく寝付きが悪いと思ったら、
今度はすぐ眠れるのだが早朝に目が覚める、かくして、いずれにしても
一日中眠いんです、という状況がもう何度目でしょうか。
主治医と相談しながらいろいろ試してみるが、結局、
うつ病本体が治らないと、これ、解決しなさそうなのねん(--;。
どーしたもんだか。

そんなこんなで七転八倒しながら生きておりますが、
こんな2017年も、あと半月でアドベントですわ。
私どもの教会は、12月2日のコンサートが最初の行事となります。
詳しくはこちら : http://www.asagao.org/info/christmas/2017_Christmas_Concert.html

なお、その後の行事もすでにご案内ができております。
今年はキャンドルサービスが例年と別日程なのでご注意を。
ご案内はこちら : http://www.asagao.org/info/christmas/2017_Christmas.html

御来場をお待ちしております。

posted by やざわ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月04日

憧憬 その2 無期延期

以前の記事で「その1」にしたということは、
少なくとも「その2」まであるつもりだったわけです。
本当は、もっと長期の連載構想でして。

「その1」を書いた頃に、折しも昨夏買ったのに、
あまりの調子の悪さにちゃんと目を通さなかった
この本に改めて目を通していたのですが、
中でも「サワベ不動産」に衝撃を受けまして。
看板建築の魅力的な店舗はもちろん、
隣に部分的に作り込まれたコンビニ。
そのクオリティがあって、また対比が際立つのねん。
素敵ですわ。

そこで、ふと思ったわけです。
まぁ、これは1/24ですからこの細密度なんですが、
1/80で、どこまでできるだろうか、と。
…案外、いい線まで行けると思うんですよ。
「とれいん」誌で大阪や京都の町の特徴を
ぎゅっと濃縮したようなレイアウトを
発表されている方もおられますし、
20年前に、今のところ最後のレイアウト作った頃に
比べたら、素材も非常に豊富ですし。

ましてや、1/150だったら、「建物コレクション」で、
店頭の商品まで整形されている時代ですしね。
30年位前に、駅前商店街の情景作ろうとして挫折した身としては、
まー、夢のような時代ですね。

んで。
いずれリハビリ兼ねてぼちぼち取り組むとしたら、
どちらなのか、ちょっと考えた。
…集めるだけでいいのは1/150ですけどね。
最近、1/150の模型、事業用車しか買わないし(笑)。
対して、1/80のストラクチャー、以前の記事のとおり、
セールの時に買ったのが組めずに積み上がってるし。
ここは、1/80で手を動かすべきかな、と、
その段階では、そう思ったわけで。

実際、最近の素材を活かすと、
青果店ないしその奥で乾物も扱っている昔ながらの食料品店、
酒屋、パン屋、花屋、このあたりはできるかな、
さらに肉屋、魚屋、本屋あたりが課題、とか考えて、
勝手に盛り上がっていたわけです。
…と、ここで、素材のサンプルなんか取り寄せて、
これ使って1/80のお店を作ります、というのが
「その2」の予定だったのです。

ところが、だ。
体調イマイチでなのに構想ばかり盛り上がったときに
何が起きるかというと、まず、ネットで店舗の写真探すのに
熱中してしまうということになってですね(^^;。
最初はgoogleの画像検索でやってたんですけれど、
途中で、ひょんなことからPinterest覗くようになって。
やはりね、機械が選り抜いたものよりも、
誰かが「良い」と言った画像のほうが、
より一層、核心に近いところをついてますわ。

で、Pinterestで、どこかにある店舗の写真だけでなく、
模型のストラクチャー工作の写真など見ておりましたら、
「おすすめ」で、レイアウトの写真なども引っかかるように
なってくるわけですね、この種の仕掛けは。
面白いから、そういう写真も見ているうちに、
ある日、突然、別のことが閃きまして。
…あ、建物に凝ってる場合ぢゃないわ。
健康回復に向けて、他の備えをしなきゃ、と。

つーことで、「その2」以降は、無期延期です(爆)。
何が閃いたのかは、その時期が来たら、改めて。

続きを読む
posted by やざわ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型

2017年11月03日

宗教改革500年

…という話をしなくてはならなかったのにですね、
なんだか非常に奇怪、かつ痛ましい事件が起きましたね。
ああいうのを見ると、少なからず乱調するわけです。
鬱のせいもありますが、昔、似たようなことが近所であって、
あの時の嫌な気持ちとか面倒臭さがよみがえる、というのが、
私の場合、大きいかもしれません。

で、今回の件のお近くに、
よく知った方がおられないわけではないんですよ、よりにもよって。
自分の過去の経験に照らして、心中お察し申し上げます。

閑話休題。

10月31日は「宗教改革500周年」だったわけです。
プロテスタントでない方にも、後にここから民主政治がまれる、
ということで重要な日だったのですが、そういうことを覚えないから、
まぁ、トップが国会開かずに逃げ回ろうとする国になるのな、という
非常に残念なことであった、500年目の日(--;。

んで、この機会に「95か条の提題」というのを読んでみたんですが、
当時の社会的・宗教的状況の解説がないと、難しいですねぇ。
10分で降参。

続きを読む
posted by やざわ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月30日

2017/10/14 ゴスペルコンサート&ワークショップの
お知らせ

蒲田とかぶらずに済んだ今秋のイベントのお知らせです。
今年は、なんと、ゴスペルワークショップになりました。
詳しくはこちら:http://www.asagao.org/info/organ_concert/201710shioya.html
おそらく当日参加でもダメということにはなりませんが、
よろしければエントリーしてご参加下さい。

続きを読む
posted by やざわ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月31日

2017/09/16 チャペルコンサートのお知らせ

10月までの少ない予定(苦笑)が確定してみましたら、
何年かぶりに教会の10月のイベントと、
蒲田の初日が1週間ずれてくれているんですわ。
慌てなくて良くて気楽なのは大変嬉しいですね。
もっとも、人混みに出るとアレな体調なので、
去年の蒲田は慌てるまでもなく1時間弱で退散とか、
代わりに海老名の初日とかぶるという懸念はあるんですが、
まぁ、例年よりは良い環境かなぁ、という。

その10月のイベントの告知ページは、今週末までにぼちぼち作成予定。

閑話休題。

その前に、秋のチャペルコンサートが半月後でございます。
ごあんないには記しておりませんが、
今回のテーマは、「宗教改革500年」なんだとか。
詳しくはこちら:http://www.asagao.org/info/organ_concert/2017_39thOrganConcert.html
よろしければお立ち寄り下さい。

posted by やざわ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月19日

憧憬 その1

私のぱなSXのwindows10の起動画面の背景に、ここしばらく、
ツリーハウスなのか、木の陰に隠れた岩の上の家なのか、
なんかそういう写真が出てきてたんですけど、
あれを見て思い出したことがあります。
そうだ、私、ツリーハウスに憧れてたんだった、と。

男子は秘密基地に憧れるものですわね。
私は、木の上に小屋を作るという絵本を見て、
ツリーハウスに恋い焦がれたもんです。
んで、この絵本の場合、親に願って木を植えてもらうことになるんですが、
省みて私の場合、こんな土一升に金一升の地の狭い庭に、
てっぺんに小屋が立つような大木なんぞ植わるわけもなく。
一方、父の実家には、当時、私の誕生記念植樹というものがありまして(笑)、
それが育つのを待っていればどうにかなったのかもしれませんけれども、
本当に待ってたらその時にゃいい歳ですし、そもそも、
その父の実家は2方向が開けた丘の中腹で非常に眺めが良く、
これならツリーハウスなんかいらないな、という立地だったので、
自然と熱は冷めてしまったんですけれどもね。

でも、何か、この夏、パソコンを起動するたび、
ほのかにあの日が甦りますですわ(笑)。

で、その絵本がまだ世の中にあるのかどうか、
ちょっと調べてみたら、あっさり30秒でヒット。
既に100刷以上というマスターピースだそうで。
1971年発刊ねぇ…たぶん、私、これを
初刷とか第2刷あたりで読んでるのな。

その後、趣味が趣味ですから、中坊のころから
レイアウトを持ちたいと言うのが憧れとしてあって、
これまでに、短い間ですがNゲージでは
満足の行くのを持つところまで行って。
社会人になった直後2年間くらいかな。
でもその後も家族構成の変化等があって、
家の間取りを直すことになったりしたので、
長くは置けませんでしたねぇ。

一方、JAMの初期、もう会場はビッグサイトだったか、
畳一畳くらいの大きさのHOの路面電車のレイアウトを
見てから、ああ、やっぱ、持つならこっちだなと思いまして。
それは今でも夢にまで出てくるんですが、まぁ、この度の病気で
生涯年収の大幅ダウンはもう避けられませんから、
この夢は夢で終わっちゃったかなと思います。
とりあえず今住んでいる家の耐震補強をしながら、
普段から運転できるテーブルサイズの小さい線路をどこかに敷く、
そのくらいのことを目標に頑張って見ようかなと思っています。

…いやね、耐震補強と言うのはですね、我が家、
壁量と柱の本数は新耐震準拠なんですけれど、
困ったことに阪神大震災までの過渡期に建ててるもんで、
建物本体と基礎の固定が不十分なのよね。
ここをちゃんとしないと直下型地震で潰れてしまって、
それはレイアウトどころじゃないよな、となるわけでして。
最後にえらく現実的な話でなんですけれども(--;。

posted by やざわ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月10日

体調土砂崩れから1年

一応、蝉時雨の季節となりました。天候不順だけど。
でも、今の生活を送るには、猛暑より良いのかも。
それは感謝なことでありますが。

と言うことは、主治医を変えて1年になるわけですけれども、
1年前の、体調が土砂崩れした時を思い起こすに、
あれ前の主治医がやぶだったっていうこともあるんですけれども、
もう一つ、この時期の天気が悪いんだなということも、
今年の同じ時期を越えてみてわかったことかなと。
蒸し暑くなってくるのが悪いのか、雨がちなのが悪いのか、
それはよくわからないんですけれども、
今年も寝つきは非常に悪くなりました。
まあ、ここへ来てきちんと眠れるようになっているので、
少なくとも、蒸し暑いのだけが悪いのということではなさそうな。

体調の方はどうかというと、これだけ記事の間隔が空きましたから
なんとなくご理解いただけるかとは思いますが、
このようにまとまった文章を書こうと言う集中力なんぞは、
相変わらずほぼ皆無です。では、このそれなりに長い原稿は
どうやって作ったかというと、Androidタブレットに音声入力メモで
何回かに分けて記録したものを再編集しております。
google音声入力のクセもわかってきたので、この方法なら、
これまでよりは記事が多く作れるのかもしれませんですわ。
一方、あまりキーボードを叩きたくないもう一つの理由である、
ずっと続いている左腕の痛みは、依然違和感が残るものの、
痛み止めなしで日常生活を送れると言うところまで回復しました。
身体全体としては少しずつ良くなっているようです。

かように自宅でゆっくり休んでいる分には、一時のような
なんとも形容し難いめちゃくちゃな症状には至りませんが、
やることが読書だと頭が受け付けない日も多いので、
往々にしてラジオなど聴きながら療養しておりまして。
そこへ先日、午前中の伊集院光の番組に、精神科医の名越康文先生が
ゲストで出演されました。んで、伊集院光が「うつの兆候」について
先生に突っ込みましたら、先生、迷わず返答するに、
「短時間しか寝れないんだけど元気が良いのが何日も続くのは、
好調なのでなく、病気の兆候。」と。これ、ちょっとショックでしたね。
1時間半しか寝れない状況でも調子がおかしくならないなんてことは、
ここ数年、何度も何度も何度も思い当たるフシがあって。
それは、以前からの発作の症状が良い方向に向かってるのかなー、
とか思っていたんですけれども、その度に階段を転がり落ちてたんですね。
嫌になっちゃいますよね。誰かもっと早く教えてくれればなぁ、
と思うわけですが、よく考えたらそういう症状も、私、ちゃんと前の主治医に
余さず伝えてたのよね。でも、いま治まって眠れていれば大丈夫、
という調子でスルーされてしまって。医者がそれぢゃ、もはや、
患者側で悪化を食い止める方法はないよねぇ(泣)。

かくして、なにか割り切れないものが残る今日このごろ。

まだまだ療養は続く。

posted by やざわ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月10日

2017/06/17 チャペルコンサートのお知らせ

暖かくなったら良くなると言われた神経痛。
…いつ暖かくなったのかわからないうちに蒸し暑くなっておりますが、
確かに好転はしたものの、まだ完治せず。

で。
ある日、なんでこんなところがこんな風に痛いのか考えた。
どういう風に痛いかというと、親指はまるで腱鞘炎なんだよねぇ。
小指の側の攣ったような感じは、そーいや、15年くらい前、
厚手のスチロール板切ってる最中にカッターの刃が折れて、
手が滑って指の付け根を刺した後、しばらくこんなだったかなぁ。
…って、これ、もしかして、要するに、古傷が傷んでるんでないの?
恐らく、人の頭ってよくできていて、実用上差し支えない程度に治ると、
古傷の状態で残っていても、なんとなく忘れてくれるモノのようで。
そこが、神経的にぶっ壊れて、思い出してしまったんだろうねぇ。

再び忘れてくれるのを期待しつつ、そもそものところで、
この古傷のもう一段の回復は狙えないのかいね、とも思ったり。

そんな調子で、いまいちキーボード操作する気が起きないというか、
左の親指はあまり使わないほうが良いだろうなという今日このごろ。

それはさておき。

恒例、夏のチャペルコンサートが来週に迫りました。
詳しくはこちら:http://www.asagao.org/info/organ_concert/2017_38thOrganConcert.html
よろしければお立ち寄り下さい。

んで、私は、また、放送室の中かな、と。

posted by やざわ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記